保湿クリームでお肌の美容対策

保湿クリーム、使っていますか?

スキンケアは、毎日の肌のお手入れとして欠かせないものです。若いころはベースのケアよりも、メイクアップに力を入れていても肌はハリがあり、特に念入りなケアをしなくても美しくいられると思います。
しかし、ある程度年齢を重ねるにつれ、スキンケアはとても重要になってきます。

肌の機能が年齢とともに次第に低下していくことから、使用するスキンケアの化粧品もグレードアップしていく人が多いようです。
その中でも特に高い効果を持っているのが、保湿クリームです。保湿クリームは、スキンケアの仕上げに塗ることが多く、良質な油分で肌の水分をコーティングする役割をしています。

でも、スキンケアをする人の中では、この保湿クリームのケアをしないで終わらせてしまうということもあるようです。
保湿クリームを省く理由で最も多いのが、べたつく使用感が好きではない、価格が高く、買うのにためらってしまう、等です。
確かに、保湿クリームは他の化粧品に比べて重厚なテクスチャなものが多いですし、値段も安いとは言えないものも数多くあります。
ですが、保湿クリームを使わないでスキンケアを終わりにしてしまうと、実は大変もったいないことをしているのです。

では、なぜ保湿クリームが重要なのか、その仕組みや効果について見ていきたいと思います。

保湿クリームのもたらす効果・役割

スキンケアは主に、化粧水・美容液・乳液・クリームの順に行うことで成り立っています。
この順序には理由があり、水分を先に補給し、最後に油分で蓋をする、という効率を考えてのことなのです。

お手入れの最後の仕上げとなる保湿クリームは、その前に塗りこんだ化粧水の水分やヒアルロン酸などの有効成分を肌の中に閉じ込める、ラップの様な役目をするのです。
なので、もしここで保湿クリームを使わないでいると、せっかくのステップケアが途中で終わり、導入した水分や成分は、肌の表面に乗っただけでうまく吸収されなくなってしまうでしょう。

クリームを使わない理由に、ぬるつきやベタベタ感が嫌いという意見があるようですが、これは使用感が違うものを選ぶことで解消されるはずです。
クリームと言っても、ジェルに近いさっぱりした使用感のものもたくさんあります。テクスチャは軽くても、保湿効果が高いものも多くあるので、安易に使用をやめるのではなく、好みに合った使い心地の保湿クリームを探すと良いでしょう。

また、値段が張るので買いたくないという人も、保湿クリームは様々なメーカーが、幅広い価格帯で発売しているのでチェックしてみてください。

おすすめの保湿クリームの探し方

では、自分の好みで保湿クリームを決めるには、どうやって探したらよいでしょうか?
すべての保湿クリームを片っ端から試してみたり、すべてにサンプルなどがあればいいのですが、現実的にそれは無理でしょう。

でも、使ってみないと感触や効果はわからないですよね。そんな時に参考にすると役立つのが『実際に使った人の感想』です。
@コスメなど美容クチコミサイトでは、数多くのレビューや評価が載せられています。そういったところで、気になる保湿クリームの乾燥をチェックしてみると良いかもしれません。
同様にコスメ雑誌・女性誌などでは毎号と言ってよいほど、各メーカーやブランドの化粧品を徹底比較しています。そうした中でお気に入りを探してみるのも良い方法です。

ちなみに、私がおすすめする保湿クリームも一点挙げておきたいと思います。
『資生堂 dプログラム パワーバイタルソリューション』は、資生堂の敏感肌ライン『dプログラム』のシリーズ商品です。その中の敏感肌用の保湿クリームです。
このクリームはベタつきが少な目で、ジェルの様な使用感で伸びが良く使いやすいです。保湿効果も高く、目元に塗っても刺激がないところがとても良いと思います。

いかがでしたか?保湿クリームはスキンケアの効果を一層高めてくれるので本当におすすめです。ぜひ使ってみてください。